メニュー

最新情報 rss


2015年10月16日

おうちでカンタン。干しいもの作り方

毎度ありがとうございます。


干しいも製造の時期にはまだ早いのですが、
先日ご来店いただきましたお客様から、
干しいもの作り方を質問されましたので、
本日は、皆様にもおうちで出来る干しいもの作り方を
紹介させていただきます。


マルヒの干しいもは(農家さんが一生懸命作ってくれているので!!)勿論、
自分で作る干しいもは、また格別かと思います。
今年の冬は是非、手作り干しいもに挑戦してみてはいかがでしょうか。


[用意するもの]
さつまいも、
蒸し器、包丁・ナイフ等、まな板、菜箸、
平たいざる、軍手、ビニール手袋

[作り方]
1.さつまいもを蒸かします。
水が沸騰してから、中火で90~120分。
菜箸を刺し、抵抗なくスーッと入るくらいまで蒸かします。

2.皮をむきます。
とっても熱いので、軍手をしてその上からビニール手袋をします。
ナイフをすべらし、皮をはがすような感じでむいていきます。


3.お芋が冷めたら、5~10mm位の厚さに切ります。
繊維にそって、縦方向に。

4.切ったお芋を平たいざるの上に並べ、天日干しをします。
天候やお芋の種類にもよりますが、5日間くらい。

5.出来上がり


*少し見づらいかもしれませんが、
 以前発行いたしました『干しいも新聞vol.5』を掲載いたしました。
 参考にしてください。