メニュー

最新情報 rss


2014年01月23日

寒さも本番ですね。



各地で大雪などのニュースが流れていますが、
干しいも(乾燥いも)産地のここ、茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町は、
まだ雪は降っておりません。


近くの水戸はちょこっと降っていたようですが、
水戸よりも東に30km、そして太平洋も近いということもあって、
あったかいんでしょうね。


この、
冬に冷え過ぎないというのが、
干しいも(乾燥いも)製造のミソだったります。


天日干しは、
屋外に干しっぱなしだったりするワケですが、
夜間が寒すぎると、乾燥中の干しいもがカチカチに凍ってしまい、
凍ってしまいと、
乾きが悪くなったり、
あのネッチとした食感も少なくなってしまいます。


この時期は、
干しいも製造の一番適した時期でもあるのですが、
こんなに毎日例年以上の冷えが続くと、品質もそうなのですが、
保管している原料芋の状態も気になったりします。


と、
干しいも製造は、この自然の気候に左右されるというのも、
おもしろい点でもあるのですが、
難しい点でもあります。


今年も、
おいしい干しいも出来上がっておりますので、
ぜひご賞味ください。